背徳感

人妻風俗で抑えきれない理性を爆発させ大興奮を覚えよう。

ベンチに座る女性

人妻風俗最大の魅力。それは、何と言っても背徳感を覚えながらのプレイと言えるのではないだろうか。人の妻を自分が犯している。そんな背徳感を覚えながらも、抑えられない自分の理性。理性を爆発させた先には、何にも例えようのない大興奮が待っている。

理性と本能は表裏一体

理性も裏を返せば本能になる。人は、何かに抑えられたり縛られたりすると、反発したくなる生き物なのだ。例えば、『絶対に見るな』と言われると見たくならないだろうか。見てはいけないとわかっていながらも、そこに一体何があるのか気になって仕方がない。最終的に我慢できず、見てしまうというわけだ。

例えば、生かゴムか

もう一つ例え話をしてみようか。みんなは、女性とエッチをする時、生派かゴム派のどちらだろうか。特に将来を考えていないという場合は、きちんとゴムをつけてエッチをすることだろう。しかし生の気持ち良さと楽さを知ってしまうと、なかなかゴムありには戻れない。人は、特に快楽には弱い生き物なのだ。いけないとわかっていても生でヤッてしまう。今回だけ、と言いつつ、その次も、またその次も結局生でヤッてしまうのだ。

人妻風俗もそれと似たようなものがある。本当の夫がいる人なのに、キスをしたり愛撫をしたりするのはいけないと頭ではわかっている。しかし目の前にグラマラスで容姿端麗な人妻が全裸でいたら、誰も我慢できないだろう。それも男性を知っている大人の女性だ。そのへんの女子大生のように何も知らないような子供とは違う。

どうすれば男性が喜ぶか、どうすれば気持ちよくなれるか、すべてをきちんと理解した女性が目の前にいるのだ。そんな人妻風俗嬢を目の前にして、何も感じないなんてことはありえない。彼女たちは、プロなのでもちろんテクニックは十二分にある。しかし挿入できないことを悔しく思うほど、あなたは、人妻の魅力の前に打ちひしがれるだろう。

人妻風俗で抑えきれない理性を爆発させ大興奮を覚えよう。”への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です